効率的な摂取量

サプリメント

厚生労働省が定めた、成人男性が1日に必要なカルシウムの摂取量は約700mg~900mg、 成人女性の場合で約650mgです。つまり大人になると、1日にカルシウムを700 mg程度摂取する必要があり、それ以上摂取しなければ、人間の体内でカルシウムが700 mg以上消費されていくわけなので、体内に骨として蓄えられたカルシウムを消費してしまう、つまりどんどんマイナスになってしまうわけです。それでは、この700 mgとは食品で摂取するにはどの程度の量が必要なのでしょうか。例えば通常の牛乳であれば200 mlの国で約3杯、煮干しであれば約15尾、木綿豆腐なら約2丁、ひじきの煮物の小鉢なら約10人前程度になります。これだけの量の食品を毎日食べるのは現実的には非常に難しいです。そこでカルシウムの摂取をサポートするためにはサプリメントでカルシウムを摂取するのが効果的でしょう。サプリメントならタブレット内にカルシウムが凝縮されていますので十分な摂取が可能です。それではどのようなカルシウムのサプリメントがよいのでしょうか。

上述のようにカルシウムの摂取はサプリメントで摂取するのが効果的なんですが、 1つだけ気を付けなければならないことがあります。それは上限量です。サプリメントの場合、タブレット内に成分が凝縮されてますので、たくさんサプリメントで飲み過ぎると、今度は過剰摂取になってしまうことがあるからです。サプリメントでカルシウムを長期間上限量を超えて摂取し続けると腎臓結石になる恐れがあります。カルシウムの上限量は一日当たり2,300 mgなので、この上限量越えない範囲で摂取すればよいでしょう。またサプリメントで服用したカルシウムの吸収率を高めるために一工夫するのもよいでしょう。カルシウムはクエン酸とキレートとして小腸から吸収されるのです。そのため、カルシウムの小腸での吸収を促進させるためには炭酸カルシウムとして吸収させるよりも、クエン酸カルシウムとして吸収する方が吸収されやすくなります。よって、吸収を促進させるためにはクエン酸を多く含む柑橘系の果物と一緒にサプリメント服用するかもしくはビタミンCサプリメントと一緒に服用するとカルシウムの吸収率が高まります。また、飲酒後にサプリメントを服用してもアルコールの影響でその吸収量は期待できなくなってしまいますので気をつけてください。