食物からとろう

疲れ目

人間の体内活動の維持に必要な栄養素、アミノ酸。約20種の必要なアミノ酸のうち、体内で合成できない半数ほどの必須アミノ酸は、食物やサプリメントなどから摂らないといけません。これら20種類のアミノ酸以外にも、体内を漂っていて必要な時にタンパク質の生成などの使われる遊離アミノ酸といわれるものもあり、これはサプリメントなどでも摂ることができます。必須アミノ酸に含まれるのとして、ロイシン、イソロイシン、パリン、メチオニン、スレオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、リジン、ヒスチジンがあります。みな、これだけ聞けばあまり聞き馴染みのない言葉です。これらは、どんな食物に含まれているのでしょうか?アミノ酸の名前を知らなくても、これらのアミノ酸が含まれる食物をとっていれば、体が活動するうえでは何の問題もありません。この必須アミノ酸のどれかでも欠けてしまうと、血管や筋肉などの合成ができなくなってしまうとも言われています。

サプリメントに含まれているのは、こういった成分になります。多くの必須アミノ酸は、牛肉や鶏肉などの肉類、レバー、魚介類、チーズや牛乳などの乳製品に含まれています。そのほか、大豆やアーモンドなどに含まれているものもあります。いわゆる、昔、家庭科で習った「タンパク質」が含まれている食品に多いことが分かりますね。日々の食事の中にこれらの栄養素を取り入れることを意識しつつ、摂取すればよいです。あまり難しく考えないでも、普通に食事をしていたら、これぐらいは簡単に取れそうです。どうしても食品からとれなければ、サプリメントで補いましょう。サプリメントは最後の手段、ぐらいに考えていてもよいでしょう。