カルシウムの働き

サプリメント

周知の通り、カルシウムは骨や歯の重要な主成分です。カルシウムは人間の体内でも骨や歯の内部に99%存在していて、骨や歯の欠かせない成分です。しかし、余剰分の微量1%hは血液や筋肉もしくは、細胞膜に存在し、この微量のれがカルシウムが人間の体にとって非常に大切な働きをしています。第一に、カルシウムは情報の神経伝達を助け、促す働きをしています。そのため、カルシウム長期的に欠乏すると神経での情報伝達がうまく動作せず、神経質になったり、イライラしやすくなったり、またウツ病などになりやすくなります。次に大切な働きとしては、運動時に筋肉を収縮させる働きがあり心筋の収縮にも働き、心臓の鼓動を一定に保持する働きもしています。

また、カルシウムは細胞膜にとって大変重要な成分であり、カルシウムが不足すると、ウィルスに感染し易くなり、風邪などをひきやすくなります。また口内炎などの粘膜疾患も起こしやすくなり、更には内臓筋肉の内出血を起こしやすくなるのです。その他にも、血液の凝固が悪くなり、出血時に血が止まらないなどの症状が起こったりします。また、体内のカルシウム量が低下すると、人間の身体は血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとして、骨のカルシウムが熔解してそれを補おうとします。カルシウム不足はほとんど自覚症状がないため、知らず知らずのうちに骨のカルシウム量が減っていき、老化と共に骨粗鬆症という病気になることが多いわけです。骨粗鬆症とは、骨が骨の内部がまるで軽石のようにスカスカの状態になってしまい、ちょっとした衝撃で骨が折れやすくなる病気です。特に更年期以降の女性の場合、女性ホルモンの減少により骨粗鬆症にかかる事例が多く、年老いて筋肉も衰えた状態で骨粗鬆症なってしまう結果、骨折し、そのまま寝たきりになってしまう場合も多いのです。このようにカルシウムは人間の生命の維持に欠かせない大切な働きをしているのです。