フットサルの大会出場を目指して練習をしよう

個人練習とチーム練習~フットサル大会までの練習方法について~

フットサルの大会出場を目指して練習をしよう

選手

フットサルの狭いコートで局面を打開できる足技

フットサルはサッカーに比べて戦局が変わりやすいスポーツです。サッカーよりも狭いコートで大会や試合を実施するので、敵も味方も体に近い部分でボールを扱う事になります。そうなった場合、必要なのは戦術的な駆け引きとテクニックになります。ボールを受けるときは自分の体近くでなるべく引きつけ、ボールをキープできるかがポイントとなります。パスを回す時は人員を厚くし、パスに専念できるようにすると、相手のタイミングを逸する事も可能です。狭いなら狭いなりのテクニックがあるので覚えて活用しましょう。

足裏の使い方で技のクオリティが変わる

実はフットサルのテクニックの中で、試合でも大会でも「足裏テクニック」を活用できることが良しとされています。フットサルコートは狭いので、足裏を使ってボールを転がしたり引きつけたりするこっとで、相手のDFがボール奪いにくくなります。チーム全体で足裏でボールをトラップできるようになればチーム全体のスキルの底上げとなりますので、ぜひ実践してみてください。最終的に足の裏でなめるようなドリブルができるようになるのが理想です。

フットサルの練習方法比較

フットサルの個人練習

個人でフットサルの練習をする場合はまずプレイスタイルを確立することです。自分のポジションを見極め、それに見合った練習をすることがポイントです。個人練習の場合はテクニックを磨くよりも筋トレやボールコントロールをつける事から始めて大会を目指しましょう。

フットサルのチーム練習

フットサルの大会に出るためのチーム練習は戦術を含めた練習になります。ゲームプランを立て、ポジションとフォーメーションを決めて試合のような流れてプレイしてみます。そのためにも筋トレや基礎練は個人練習で済ませておくとチームに合流した際に練習がはかどります。

広告募集中