選び方

サプリメント

カルシウムとマグネシウムは均衡を保つ作用(一方が増えると他方が減る作用)が存在します。仮に体内のマグネシウムが不足してくると、細胞内でカルシウムの量を増加させようとします。とマグネシウムとのバランスの崩れると神経系等の情報伝達に異常が起こるためそれを防ごうとするためです。
神経系等の情報伝達に異常が起こると精神状態が悪くなりイライラなどの原因となります。それを解消するためにはマグネシウム1に対してカルシウム2~3のバランスが必要だと言われてます。そのためカルシウムサプリメントを選ぶ際にはカルシウムにマグネシウムが配合されたもので、その配合比率が、マグネシウム1に対してカルシウム2~3のバランスのサプリメントであればベストだと言えるでしょう。

その他、カルシウムの吸収率を向上させる有名なものにビタミンDがあります。ビタミンDのサプリメントと一緒に服用するのも効果的ですが、ビタミンDは太陽の光を浴びることによって皮下合成されるため、カルシウムサプリメントを服用すると同時に1日に1度は15分程度日光浴をするか、太陽の光に当たるということを実践することもカルシウムサプリメントの体内での吸収率を上げるための対策になります。また、しらす干し(半乾燥)・紅鮭・マイワシ・ニシン干し・さば・しいたけなどの魚類、肝油、うなぎ、キノコ系、乾燥きくらげなどにはビタミンDが多く含まれていますので、これらのような食事を心がけるようにすることもカルシウムサプリメントの体内吸収率を上げるための対策になるのです。